建物について

建物についての回答

買うならもちろん新築?

モデルルームでピカピカのキッチンや最新の設備を見ると新築が良く見えてしまうのは当然です。ただし、新築は住環境や近所の状況など自分が暮らしてみないとわかりません。
一方中古なら、住んでいた人から経験や感想を聞くことができます。
また物件価格も新築よりも中古の方が割安となっています。
中古の一番のメリットは、物件数が多く選択の幅が多いという事です。
自分の思い通りのリフォームを行えば、見た目も新築同様の理想の住まいになります。
どちらがより自分に合っているかご検討下さい。

マンションは眺望のいい上層階のほうがいい?

眺望が良いのは確かに気持ちの良いものです。タワーマンションは駅直結型のほか、マンション内にスーパーやドラッグストアなどの商業施設、ときには行政施設、スポーツクラブが入っているものもあり、高層である以外にも多くの魅力があります。
しかし、小さいお子さんがいる家庭では足音を気にする必要がない1階のほうが、下の階に気を遣う必要がありません。
高齢世帯であれば、災害時の避難に便利な低層階もおすすめです。ライフスタイル合わせて、適切な階数をお選び下さい。

家は広いほうが開放感があって、くつろげる?

広い家でのびのび家族やペットと暮らしたいと、誰もが思います。最近は、戸締りや防犯、家のメンテナンスが面倒という理由で、マンションを選ぶ人も多くなっています。マンションでもリビングやバルコニーからの眺望など、一戸建てに劣らぬ開放感とくつろぎは十分得られます。
ただし、広さは図面上の平米数だけで判断しない方が賢明です。廊下・居室など間取りの配置の違いにより専有面積が広いからと言って、各居室が広いとは限らないからです。
気になる物件があったら現地見学をすることをおすすめします。

やっぱり角部屋は良いの?

マンションの角部屋はお互いの生活音で気になる隣人が片側だけ、というメリットがあります。また採光面や風通しにおいても3方向からのアプローチがあるので人気があります。そのため競争率が高く、価格も割高になっています。
しかし、角部屋は外壁と接している面積が大きいために他住戸に比べて夏は暑く、冬は寒くなっています。つまり冷暖房効率がほかの部屋と較べると低く、光熱費がかかるというデメリットがあります。
多方面からのメリット・デメリットを考慮してご検討下さい。

FAQ TOP

カテゴリー

  • マイホーム探しについて
  • 立地について
  • 建物について
  • 中古住宅について
  • マンション設備について
  • 資金・ローンについて
  • 契約について
  • 不動産購入マメ知識